まつげエクステの心得

まつげエクステ

種類が選べるまつげエクステ

まつげエクステと一言で言っても様々な種類があります。まずは毛の太さと長さを細かく選ぶことができます。太さについては、0.01mm~0.2mm程度と自分のまつ毛より細いものから、太いものまであります。長さについては、1.25mm~2.5mm程度と自分のまつ毛と同じ長さから倍以上のものまであり、この太さと長さの組み合わせで表現します。更にそこにカールの度合いによって種類が決まります。カールの度合いはお店によって違いますが、よりナチュラルなJカール(ジェイカール)、ややカールがかったCカール(シーカール)、まつ毛パーマをしたようなカールになるSCカール(スーパーシーカール)などがあります。これらの組み合わせによって、付けた時の印象が変わるので自分のなりたい目元に近い種類の種類を選びます。希望の目元を作る為には、同じ種類の毛だけを付ける場合もありますが、目元、中央、目尻で長さや太さを変えたり、ランダムに付けたりすることもあります。また、毛の質もお店によって違い、付けた時に触り心地のよいなめらかな質感の毛も多く出ています。サロンなどでは、自分がなりたい目元になるように完成後のイメージなどを施術者とよく相談して選びます。

まつげエクステを楽しむために知っておきたいこと

自然に印象的な目元になれるまつげエクステは、今や聞いたことがないという女性はいないのではないでしょうか。まつげエクステは美容師免許を持ったものだけが施術でき、まつげ1本ずつに人工のつけまつげをつけていく細かい作業を要する技術です。このようなまつげエクステは濃いお化粧をしなくても自然でパッチリした目になれるため、若い女性を中心に人気があります。しかしその反面、様々なトラブルが発生しているのも事実です。人工まつげを装着する接着剤によるアレルギー反応が出たり、目の充血、角膜に傷ができた事例もあります。また、自生しているまつげにエクステを付けるという負荷をかけているため、何もしていない時よりもまつげが抜けやすくなったり切れやすくなったりすることもあります。ではこのようなトラブルを回避するにはどうすればいいでしょうか。まずはきちんとした施術のできるサロンを選ぶことが大切です。値段だけに左右されず、実績や口コミのしっかりしたお店を選びましょう。また、接着剤に対するアレルギー反応をみるため、パッチテストをすることをオススメします。目に少しでも異常を感じたらすぐに眼科を受診し、医師の指示を仰いでください。トラブルが起こらないよう、納得できるまで下調べをすることが大切です。

pickup

マンションや商業施設用の駐輪機を、設計から販売、アフターフォローまでをトータルサポートしています。

Last update:2016/7/15

『まつげエクステ』最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jswndnz3/public_html/index.html on line 58
▲TOPへ▲